みぞメモ

ブログ作成用のメモ登録

現代経済学(’19):シラバス概要

■ 講座情報

  現代経済学(’19)
  Contemporary Economics ('19)

【主任講師】

依田 高典(京都大学大学院教授)

【教材・資料】
  ・インターネット視聴


■ 講義概要

  現代の経済学の内容と歴史を
  アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞(いわゆるノーベル経済学賞)の歴史を
  振り返る形で概観していく。
  ノーベル経済学賞は、1968年にスウェーデン国立銀行が設立300周年祝賀の一環として、
  ノーベル財団に働きかけ、設立された賞である。
  スウェーデン王立科学アカデミーにより選考され、ノーベル財団によって認定される。
  ノーベル経済学を振り返れば、現代の経済学の色々な顔が見えてくるはずである。


 【授業の目標】

  経済学の理論の細部には立ち入らず、
  ノーベル経済学賞受賞者の生い立ちと研究業績の現代社会的意義について、
  分かりやすく解説していきたい。


 【講義項目】


■ 講義内容

 各講義回の概要とキーワード

第1回 ノーベル経済学賞の誕生

・ラグナル・アントン・キティル・フリッシュ(受賞 1969年)
   受賞理由 経済過程の動学分析への貢献
・ポール・サミュエルソン(受賞 1970年)
   受賞理由 静学的および動学的経済理論への貢献

■ 【キーワード】
  ノーベル経済学賞計量経済学数理経済学

第2回 ミクロ経済学の新展開

・ジョン・R・ヒックス(受賞 1972年)
   受賞理由 一般均衡理論および社会厚生理論への貢献
・ケネス・J・アロー(受賞 1972年)    受賞理由 一般均衡理論および社会厚生理論への貢献
ジョン・F・ナッシュ・Jr.(受賞 1994年)
   受賞理由 非協力ゲームの均衡の分析への貢献

■ 【キーワード】
  一般均衡理論、社会選択理論、ゲーム理論

第3回 マクロ経済学の新展開

・ロバート・M・ソロー(受賞 1987年)
   受賞理由 経済成長理論への貢献
・ロバート・E・ルーカス・Jr.(受賞 1995年)
   受賞理由 合理的期待形成仮説への貢献
エドワード・C・プレスコット(受賞 2004年)
   受賞理由 リアル・ビジネス・サイクル理論への貢献

■ 【キーワード】
  経済成長理論、合理的期待形成仮説、リアル・ビジネス・サイクル理論

第4回 計量経済学の説明する力

・ローレンス・R・クライン(受賞 1980年)
   受賞理由 景気変動・経済政策の経済モデルへの貢献
・ジェームズ・J・ヘックマン(受賞 2000年)
   受賞理由 ミクロ計量経済学への貢献
・クリストファー・A・シムズ(受賞 2011年)
   受賞理由 マクロ計量経済学への貢献

■ 【キーワード】
  マクロ計量経済学、ミクロ計量経済学、ベクトル自己回帰モデル

第5回 シカゴ学派の反ケインズ革命

ミルトン・フリードマン(受賞  1976年)
   受賞理由 消費分析・金融史・金融理論と貨幣政策への貢献
・ジョージ・J・スティグラー(受賞  1982年)
   受賞理由 産業構造・市場の役割、規制の原因と影響への貢献
ゲーリー・S・ベッカー(受賞 1992年)
   受賞理由 広範な人間行動と相互作用へのミクロ経済分析への貢献

■ 【キーワード】
  マネタリズム、産業組織論、人的資本論

第6回 金融経済学の功罪

・ジェームズ・トービン(受賞  1981年)
   受賞理由 金融市場と支出・雇用・生産・価格の関連への貢献
・ハリー・M・マーコヴィッツ(受賞 1990年)
   受賞理由 資産形成の安全性の理論への貢献
・マイロン・S・ショールズ(受賞  1997年)
   受賞理由 金融派生商品デリバティブ)価格決定への貢献

■ 【キーワード】
  ファイナンス理論、ポートフォリオ理論、金融工学

第7回 国際経済学の巨星たち

・ベルティル・オリーン(受賞  1977年)
   受賞理由 国際貿易および資本移動の理論への貢献
・ロバート・A・マンデル(受賞  1999年)
   受賞理由 通貨体制の金融・財政政策、最適通貨圏への貢献
ポール・クルーグマン(受賞  2008年)
   受賞理由 貿易パターンと経済活動の立地の分析への貢献

■ 【キーワード】
  ヘクシャー・オリーン定理、マンデル・フレミング・モデル、空間経済学

第8回 情報経済学の説明する力

・ジョージ・A・アカロフ(受賞  2001年)
   受賞理由 情報非対称性のある市場の分析への貢献
・ヨゼフ・E・スティグリッツ(受賞  2001年)
   受賞理由 情報非対称性のある市場の分析への貢献
・ジャン・ティロール(受賞  2014年)
   受賞理由 市場支配力と規制の分析への貢献

■ 【キーワード】
  アカロフのレモン、アドバース・セレクション、モラル・ハザード

第9回 市場と組織の経済学のはざま

・ロナルド・H・コース(受賞  1991年)
   受賞理由 取引費用と財産権の発見と明確化への貢献
・オリバー・E・ウィリアムソン(受賞  2009年)
   受賞理由 経済的統治に関する分析への貢献
・オリバー・ハート(受賞  1998年)
   受賞理由 契約理論への貢献

■ 【キーワード】
  コースの定理新制度派経済学、契約理論

第10回 社会経済学が見据える射程

・グンナー・ミュルダール(受賞  1974年)
   受賞理由 貨幣理論・経済変動理論と経済・社会・組織の相互依存性分析への貢献
・フリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエク(受賞  1974年)
   受賞理由 貨幣理論・経済変動理論と経済・社会・組織の相互依存性分析への貢献
アマルティア・セン(受賞  1998年)
   受賞理由 所得分配の不平等の理論、貧困・飢餓の研究への貢献

■ 【キーワード】
  累積的因果関係論、オーストリア学派、経済倫理学

第11回 歴史と政治の経済学の交差点

・ダグラス・C・ノース(受賞  1993年)
   受賞理由 経済史の経済理論や数量分析への貢献
・トーマス・C・シェリング(受賞  2005年)
   受賞理由 ゲーム理論における対立と協力の理解への貢献
・アンガス・ディートン(受賞  2015年)
   受賞理由 消費・貧困・福祉の分析への貢献

■ 【キーワード】
  クリオメトリクス、フォーカルポイント、ディートンのパラドックス

第12回 市場を設計する経済学

・ヴァーノン・L・スミス(受賞  2002年)
   受賞理由 行動経済学と実験経済学への貢献
・ウィリアム・S・ヴィックレー(受賞  1996年)
   受賞理由 情報非対称性下の経済的誘因への貢献
・アルヴィン・E・ロス(受賞  2012年)
   受賞理由 安定配分の理論と市場設計の実践への貢献

■ 【キーワード】
  実験経済学、オークション、マッチング

第13回 行動経済学の下克上

・ハーバート・A・サイモン(受賞  1978年)
   受賞理由 経済組織内部の意思決定プロセスへの貢献
ダニエル・カーネマン(受賞  2002年)
   受賞理由 行動経済学と実験経済学への貢献
・リチャード・H・セイラー(受賞  2017年)
   受賞理由 行動経済学への功績

■ 【キーワード】
  限定合理性、プロスペクト理論、ナッジ

第14回 経済学の未来を担う大器

  クラーク賞を受賞した経済学者と研究分野

・デヴィッド・カード
   研究分野 労働経済
・スティーブン・レヴィット
   研究分野 社会経済学
・マシュー・ラビン
   研究分野 行動経済学
エスター・デュフロ
   研究分野 開発経済学
・ラジ・チェティ
   研究分野 公共経済学
・マシュー・ゲンツコウ
   研究分野 産業経済学

■ 【キーワード】
  実証経済学、構造推定、フィールド実験

第15回 ノーベル経済学賞の忘れもの

  長年、ノーベル賞候補に挙げられながら、受賞がかなわなかった、
  受賞に値する経済学者v

・ロイ・ハロッド
   研究分野 経済動学・経済成長論の創始
森嶋通夫
   研究分野 広範な分野における数理経済学上の貢献

■ 【キーワード】
  シカゴ学派、ハロッドのナイフ、動学的経済理論

以上

現代経済学(’19)テキスト:目次

1.ノーベル経済学賞の誕生
1.1 ノーベル経済学賞はどうやって決まるのか
1.2 ラグナル・アントン・キティル・フリッシュ
1.3 ポール・サミュエルソン

2.ミクロ経済学の新展開
2.1 ジョン・R・ヒックス
2.2 ・ケネス・J・アロー
2.3 ジョン・F・ナッシュ・Jr.

3.マクロ経済学の新展開
3.1 ロバート・M・ソロー
3.2 ロバート・E・ルーカス・Jr.
3.3 エドワード・C・プレスコット

4.計量経済学の説明する力
4.1 ローレンス・R・クライン
4.2 ジェームズ・J・ヘックマン
4.3 クリストファー・A・シムズ

5.シカゴ学派の反ケインズ革命
5.1 ミルトン・フリードマン
5.2 ジョージ・J・スティグラー
5.3 ゲーリー・S・ベッカー

6.金融経済学の功罪
6.1 ジェームズ・トービン
6.2 ハリー・M・マーコヴィッツ
6.3 マイロン・S・ショールズ

7.国際経済学の巨星たち
7.1 ベルティル・オリーン
7.2 ロバート・A・マンデル
7.3 ポール・クルーグマン

8.情報経済学の説明する力
8.1 ジョージ・A・アカロフ
8.2 ヨゼフ・E・スティグリッツ
8.3 ジャン・ティロール

9.市場と組織の経済学のはざま
9.1 ロナルド・H・コース
9.2 オリバー・E・ウィリアムソン
9.3 オリバー・ハート

10.社会経済学が見据える射程
10.1 グンナー・ミュルダール
10.2 フリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエク
10.3 アマルティア・セン

11.歴史と政治の経済学の交差点
11.1 ダグラス・C・ノース
11.2 トーマス・C・シェリング
11.3 アンガス・ディートン

12.市場を設計する経済学
12.1 ヴァーノン・L・スミス
12.2 ウィリアム・S・ヴィックレー
12.3 アルヴィン・E・ロス

13.行動経済学の下克上
13.1 ハーバート・A・サイモン
13.2 ダニエル・カーネマン
13.3 リチャード・H・セイラー

14.経済学の未来を担う大器 クラーク賞の受賞者達
14.1 クラーク賞の歴史
14.2 クラーク賞に見る実証革命の担い手達
14.3 クラーク賞の栄冠に輝くその他の俊才

15.ノーベル経済学賞の忘れもの
15.1 ノーベル経済学賞の歴史
15.2 ノーベル経済学賞の忘れもの
15.3 ノーベル経済学賞の未来

ノーベル経済学賞歴代受賞者

錯覚の科学(’14):テキスト 目次

1.錯覚への招待
1.1 自分たち自身が作り上げている錯覚
1.2 錯覚という現象を理解するために
1.3 錯覚の科学で広がる世界

2.視覚の錯覚 見ることは考えること
2.1 人の目はどのように世界を知覚するのか
2.2 視知覚情報の変容
2.3 奥行き知覚がもたらす錯覚

3.錯視の世界を体験する
3.1 錯覚が生み出す不思議な空間
3.2 再解釈する視覚
3.3 さまざまな錯覚図形

4.視覚の錯覚 知覚心理学と絵画芸術の接点
4.1 奥行き知覚と恒常現象
4.2 子どもの絵はなぜおもしろいのか
4.3 絵画の歴史と遠近法の発見

5.視覚芸術と錯覚
5.1 ルネッサンス絵画における錯覚
5.2 まなざし
5.3 ソット・イン・ス
5.4 建築と錯覚
5.5 筆致と色彩
5.6 鑑賞の環境・条件
6.7 おわりに

6.記憶の錯覚 人の記憶は確実なのか
6.1 記憶インフラテーション
6.2 記憶の仕組みと記憶の錯覚
6.3 記憶の錯覚は何をもたらすのか?

7.思考の錯覚と認知バイアス
7.1 「体験」が生み出す思い違い
7.2 期待と体験によって強化される「思い違い」確証バイアス
7.3 錯誤相関と確証バイアスの連携ループ

8.ヒューリスティック行動経済学
8.1 人の直感とヒューリスティック
8.2 行動経済学プロスペクト理論

9.自己の一貫性と正当化が引き起こす錯覚
9.1 一貫性を求める心が生み出す錯覚 心理的な管制の法則
9.2 正当化を求めて錯覚が起こる
9.3 認知的不協和理論の応用とその後

10.身近な情報の錯覚
10.1 身近な情報をしっかり見て、その体験から錯覚する
10.2 前後論法の錯覚を知る

11.錯覚の光と影 エンタテイメントと悪質商法
11.1 見えているのに気づかない
11.2 「注意」の研究を概観する
11.3 マジックと悪質商法

12.原因と結果をめぐる錯覚 社会的認知
12.1 物事の原因は心理的に決定される
12.2 原因帰属スタイルと心身の健康
12.3 感情の誤帰属

13.科学的思考と錯覚
13.1 性格の錯覚と血液型性格判断
13.2 科学的であるという「錯覚」疑似科学の見分け方

14.自己の錯覚
14.1 自己認知における自己高揚
14.2 ポジティブ・イリュージョンと平均以上効果
14.3 さまざまなポジティブ・イリュージョン

15.錯覚とメタ認知 錯覚とよいつきあいを築く
15.1 錯覚の積極的な意味
15.2 メタ知識とクリティカル・シンキング

  以上

錯覚の科学(’14):シラバス概要

■ 講座情報

 錯覚の科学(’14)
 The Science of Illusion ('14)

【主任講師】

  菊池 聡(信州大学教授)

【教材・資料】
  ・インターネット視聴


■ 講義概要

 私たちの脳が認識する世界と、客観的な世界にズレが生じる現象が、「錯覚」である。
 心理学の諸研究は、視覚や聴覚といった知覚を中心として、
 記憶や思考などさまざまな心的過程で生じる錯覚の特徴やメカニズムを明らかにしてきた。
 これらの研究成果を、心理学だけではなく美術史などの多様な分野から紹介し、
 錯覚が私たちの日常生活や社会、文化、芸術に与える影響を学際的に検討する。
 これらを通して、人が世界を認識する独特の仕組みについて理解を深めていく。


 【授業の目標】

 私たちの脳が認識する世界と、客観的な世界にズレが生じる現象が、「錯覚」である。
 心理学の諸研究は、視覚や聴覚といった知覚を中心として、
 記憶や思考などさまざまな心的過程で生じる錯覚の特徴やメカニズムを明らかにしてきた。
 これらの研究成果を、心理学だけではなく美術史などの多様な分野から紹介し、
 錯覚が私たちの日常生活や社会、文化、芸術に与える影響を学際的に検討する。
 これらを通して、人が世界を認識する独特の仕組みについて理解を深めていく。


 【講義項目】

  • 第1回 錯覚への招待 
  • 第2回 視覚の錯覚 見ることは考えること
  • 第3回 錯視の世界を体験する
  • 第4回 視覚の錯覚 知覚心理学と絵画芸術の接点
  • 第5回 視覚芸術と錯覚
  • 第6回 記憶の錯覚 人の記憶は確実なのか
  • 第7回 思考の錯覚と認知バイアス
  • 第8回 ヒューリスティック行動経済学
  • 第9回 自己の一貫性と正当化が引き起こす錯覚
  • 第10回 身近な情報の錯覚
  • 第11回 錯覚の光と影 エンタテイメントと悪質商法
  • 第12回 原因と結果をめぐる錯覚 社会的認知
  • 第13回 科学的思考と錯覚
  • 第14回 自己の錯覚
  • 第15回 錯覚とメタ認知 錯覚とよいつきあいを築く

■ 講義内容

 各講義回の概要とキーワード

第1回 錯覚への招待

 私たちが認識している世界は、客観的な世界と正確に対応しているわけではない。
 いわば脳の中で無意識のうちに再構成された世界とも考えられる。
 その再構成の過程で、さまざまな「人間らしい」錯覚が生じる。
 これから学ぶ錯覚の世界について、基礎的な知識を概観する。

■ 【キーワード】
  心理的錯覚、物理的錯覚、認知、感覚、知覚

第2回 視覚の錯覚 見ることは考えること

 人の眼はカメラとほぼ同じ仕組みを持っている。
 しかし、人はカメラのように、世界を忠実に認識するのではない。
 ヘルムホルツが、知覚とは「推論」することだと指摘したように、
 知覚体験は高度な認知情報処理の産物なのである。
 奥行き知覚や恒常現象は、この知覚の解釈的性格をよく表している。

■ 【キーワード】
  カメラアナロジー、知覚的推論、奥行き知覚、線遠近法、恒常現象

第3回 錯視の世界を体験する

 視覚で生じるさバラエティ豊かな錯視現象の数々を実際に体験しながら、
 人の視知覚が情報を再構成する仕組みを理解する。

■ 【キーワード】
  エイムズの部屋、縦断勾配錯視、マッハの本、幾何学錯視、リバースパースペクティブ

第4回 視覚の錯覚 知覚心理学と絵画芸術の接点

 錯覚は人の基本的な世界の認識を反映した現象である。
 たとえば恒常現象は、対象の同一性を保持し、世界を安定して知覚する働きをする。
 こうした錯覚が持つ人間らしい性質は、  線遠近法が学習される以前の子どもの絵や古代の絵画などを通して理解することができる。

■ 【キーワード】
  知的写実主義、エジプト絵画、やまと絵遠近法、印象派、現代絵画

第5回 視覚芸術と錯覚

 ゼウクシスの逸話からオプ・アートまで、西洋絵画史はまさに錯覚の歴史であるが、
 そもそも板や画布という物体を「絵画」とみなすこと自体、錯覚の最たるものかもしれない。
 本講義ではとくに遠近法の展開に着目しつつ、美術における錯覚とその機能について考察する。

■ 【キーワード】
  写実、ルネサンス、パースペクティヴ、トロンプルイユ

第6回 記憶の錯覚 人の記憶は確実なのか

 想起された記憶とは過去の情報が再生されたと言うよりも、
 さまざまな記憶手がかりをもとに再構成されるものととらえられる。
 そのため、実際には存在しなかった事項が、
 あたかも真実の記憶のように思い出される虚偽記憶という錯覚が生じる。

■ 【キーワード】
  虚偽記憶、ソースモニタリング、目撃者証言

第7回 思考の錯覚と認知バイアス

 客観的に正しく考えているつもりでも、人は誤った思い込みに陥ることがある。
 そこには、私たちの情報処理に生じる認知バイアスが働いている。
 人の持つバイアスが、どのような思考の錯覚をもたらすのかを身近な例から考える。

■ 【キーワード】
  錯誤相関、確証バイアス、迷信的思考

第8回 ヒューリスティック行動経済学

 私たちの日常的な思考は、論理的な厳密さよりも、
 効率性と一貫性を優先した簡便な方法で行われる。
 こうした方法はヒューリスティックと呼ばれ、身の回りで広く見ることができる。
 そこで起こる、特有の思考の錯覚を考察する。

■ 【キーワード】
  ヒューリスティック、代表性、利用可能性、アンカリングと調整、
  プロスペクト理論

第9回 自己の一貫性と正当化が引き起こす錯覚

 心理学の古典的な理論として知られる認知的不協和理論は、
 一貫性への動機づけが無意識のうちに認知や行動を変容させる仕組みを体系的に説明している。
 その理論が応用できる範囲は、
 身近な思い込みからマインドコントロール技術に至るまで非常に広い。

■ 【キーワード】
  認知的不協和、入会儀礼効果、マインドコントロール
  フット・イン・ザ・ドア・テクニック

第10回 身近な情報の錯覚

 私たちは、身の回りの出来事からさまざまな情報を読み取って解釈し、
 判断や意思決定の材料としている。
 その際に、情報が持つ統計的な性質を見落とすと、
 そこに誤った因果関係を発見してしまうことがある。

■ 【キーワード】
  平均への回帰の錯誤、前後論法、同時発生の原因、サンプリングバイアス

第11回 錯覚の光と影 エンタテイメントと悪質商法

 「注意」の性質を利用した錯覚は、
 マジックをはじめとしたエンタテイメントに利用されるのと同時に、
 時には詐欺や悪質商法の手法として使われる。
 これらの手法に共通する注意と思考の錯覚を解き明かしていく。

■ 【キーワード】
  チェンジブラインドネス、注意、復帰抑制、共同注意、
  ミスディレクション、フォース

第12回 原因と結果をめぐる錯覚 社会的認知

 ものごとの原因はなんであるかを考える原因帰属の推論は、
 人の思考の中でも重要な過程である。
 この帰属推論で生じるいくつかのバイアスが対人認知の歪みを引き起こすことを理解し、
 よりよい帰属推論を行うためのポイントを考える。

■ 【キーワード】
  原因帰属、分散分析モデル、基本的帰属錯誤、行為者観察者効果、
  内集団バイアス、情動二要因理論

第13回 科学的思考と錯覚

 科学としての要件を備えていなのに、科学的であるかのように装っている主張は、
 疑似科学と呼ばれる。
 そこには、科学的概念やデータ解釈の錯覚が生じている。
 血液型性格学など、現代の日本になじみの深い疑似科学をとりあげ、疑似科学の錯覚を明らかにする。

■ 【キーワード】
  血液型性格判断バーナム効果疑似科学、境界設定問題、反証可能性
  アドホック仮説、立証責任の転嫁

第14回 自己の錯覚

 健康な精神の持ち主は、現実を自分に有利に歪めて認識する傾向を持っており、
 これはポジティブイリュージョンと呼ばれる。
 こうした自己奉仕的な認知の歪みについて、その特徴と心理的適応に果たす意味を解説する。

■ 【キーワード】
  抑うつの現実主義、ポジティブ・イリュージョン、平均以上効果、
  制御幻想、非現実的な楽観主義

第15回 錯覚とメタ認知 錯覚とよいつきあいを築く

 自分自身の認知を適切にモニターし、
 さらにそれを制御しようとする過程は、メタ認知と呼ばれる。
 このメタ認知は、論理的で偏りのない良質の思考であるクリティカル・シンキングを実現するために、
 重要な概念となる。
 本科目で学んだ錯覚についてのメタ認知を、
 今後の生活や社会にどう活かすべきかを総括的にふりかえる。

■ 【キーワード】
  認知的経済性の原理、メタ認知クリティカルシンキング

以上

勉強会【マルレク】プログラムと論理

【マルレク】プログラムと論理

■ 日時:2019/10/10 19:00ー22:00
■ 感想

 → 

■ 開催・資料

program-logic.peatix.com


セミナ・メモ)

勉強会 【AIセミナ】宇宙から地球を見守る人工知能

【第37回AIセミナー】宇宙から地球を見守る人工知能

■ 日時:2019/10/07 15:00ー17:00
■ 感想

 → 

■ 開催・資料

airc.doorkeeper.jp


セミナ・メモ)

勉強会:Proof Summit 2019

Proof Summit 2019

  定理証明系に関するユーザーイベントです。

■ 日時:2019/ 9/29 11:00ー16:30
■ 感想

 → 

■ 開催・資料

proof-summit.connpass.com


セミナ・メモ)