みぞメモ

ブログ作成用のメモ登録

メディア論(’18) テキスト:目次

1.メディア論の視座
1.1 見えないイリテラシー
1.2 メディア論とはなにか
1.3 パースペクティブとしてのメディア論
1.4 本書の理論枠組み
1.5 授業の背景、執筆陣、章構成

2.テレコミュニケーションの諸相:19世紀における時間と空間の変容
2.1 「通信」と「交通」の近代化 ー 電信と鉄道
2.2 聴覚の機械化 ー 電話と蓄音機
2.3 視覚の機械化 ー 写真と映画
2.4 新聞の大衆化

3.メディア論の系譜Ⅰ
3.1 SF的創造力からメディア論的思考へ
3.2 群衆・公衆・大衆 ー ヨーロッパのコミュニケーション論
3.3 マスコミュニケーション研究の源流 ー アメリカのコミュニケーション論
3.4 古いメディア(論)が新しかったとき

4.「テレビジョン」の考古学:20世紀型メディアの生成
4.1 「無線電話」から「ラジオ」へ
4.2 「テレビジョン」の初期衝動
4.3 「テレビジョン」から「テレビ」へ
4.4 テレビの21世紀

5.メディア論の系譜Ⅱ
5.1 アメリカ ー マス・コミュニケーション研究の隆盛
5.2 ドイツ ー フランクフルト学派とその対岸
5.3 カナダ ー トロント学派とその後裔
5.4 イギリス ー カルチュラル・スタディーズ
5.5 日本

6.メディアをめぐる歴史的想像力
6.1 21世紀の「街頭テレビ」 ー スクリーンに媒介されるイベント
6.2 メディアの考古学
6.3 初期映画研究からソフトウェア・スタディーズへ
6.4 スクリーン・スタディーズという視座

7.東アジアのメディアの発展と現状
7.1 西洋から来たメディアとの遭遇 ー 受容と拒否
7.2 宣伝玩具としてのメディア ー 中央から地方へ
7.3 香港、台湾のメディア ー 周縁の動き
7.4 サイバースペース化した社会

8.東アジアをめぐるメディア論的思考
8.1 新聞論、興論、道具論の視点
8.2 マス・コミュニケーション研究の受容と再考
8.3 特徴的なメディア研究、および方法論の検討
8.4 東アジアをめぐるメディア論の展開

9.観光:空間のメディア・イメージ論
9.1 旅から観光へ ー 時間と空間の再構築
9.2 観光地イメージの形成と創造
9.3 観光と異文化理解

10.観光をめぐるメディア論的思考
10.1 ブーアスティンの「疑似イベント(psudo-event)」論
10.2 ジョン・アーリの「観光のまなざし(tourist gaze)」論
10.3 国家・政府と観光の関連性
10.4 観光客の行動を作り出すガイドブック
10.5 イメージづくりに参加する観光客

11.メディアをめぐる空間的想像力
11.1 空間論の視点から
11.2 移動論の視点から 11.3 越境者と国境を越えるメディアの変化
11.4 文化の対話は可能か

12.新しいメディア論の相貌(1)
12.1 メディア論の系譜
12.2 メディア論の過大
12.3 制度的確立と全体像の喪失
12.4 共鳴し合う新たな動き

13.新しいメディア論の相貌(2)
13.1 科学技術社会論
13.2 デザイン論
13.3 媒(なかだち)の形態学からデザイン論へ

14.新しいメディア論を身につけるために
14.1 あらためて、メディア論の困難
14.2 批判的メディア論の構図 14.3 「memories × History」:メディア史を体感する
14.4 Media Landscape without Apple:パラレル・ワールドを想像/創造する
14.5 WSの多元的な射程

15.課題と展望
15.1 本書のふりかえり
15.2 取り扱わなかった隣接領域
15.3 21世紀メディア社会をどう生きるか
15.4 トランスナショナルな日本のメディア論のために
15.5 見渡せるかぎりのメディア共同体

以上